ポンピン Ponpin バストアップ

バストの形が崩れる理由

加齢や、出産によって綺麗で上向きのバストが崩れてしまった。と耳にします。
キレイな上向きの胸をを維持するために大切な組織は、「クーパー靭帯」

 

バストが崩れる
クーパー靭帯は、バストが垂れないように維持する役割があります。
クーパー靭帯はコラーゲン組織で構成されています。
クーパー靭帯には多少の伸縮性はありますが、ゴムのように伸び縮みはしないため、様々な理由で伸びたり切れたりしてしまうとバストの丸みを保つことができなくなり、形が崩れてしまいバストの垂れの原因になってしまいます。

 

クーパー靭帯が伸びてしまう理由と解決策

クーパー靭帯が伸びてしまう大きな理由にブラジャーをつけていない時間がある。
ブラジャーをつける時間が短いということが挙げられます。

 

ブラジャーは窮屈で肩が凝ったり、締めつけ感が嫌で外してしまいがちという方は、要注意です。
ブラジャーをつけていないことでバストに重力がかかってしまうことがバストの形を崩してしまいます。
特に就寝中はブラジャーは外したくなりますね。でも就寝中こそ注意の時間。
寝ている間にバストが横に流れてしまうと、クーパー靭帯が横に伸ばされます。そして横に流れてしまうとバストの脂肪が背中や二の腕に流れてしまいバストが小策なってしまいます。
またうつ伏せで寝てしまうとバストが潰れてクーパー靭帯に大きな負担がかかります。

 

対策

寝ている間もブラジャーでしっかり固定して重力の影響を受けないようにする。
寝ている間に無理なくバストメイク、美乳作りができるナイトブラがおすすめです。

 

 

ふわっとマシュマロブラ

ふわっとマシュマロブラふわっとマシュマロブラ